社員紹介

社員の1日 -Interview-

クリティックミッションジャパンで働く先輩社員の具体的な仕事やミッション、仕事へのやりがいや想いをご紹介します。
オン・オフの切り替え方など、彼らのリアルな1日を覗いてみましょう。

ネットワーク課 平 義治

社員紹介1

【情報セキュリティ】最重要かつ不可欠、安心・安全なシステム運用!

Self Introduction:

現在の仕事
元は交換機系のエンジニアも行っておりましたが、どんなお客様・どんな会社であれ「情報」「セキュリティ」に対する意識が高まっているのは当時から肌で感じておりました。そして通信・モバイル・IoTの業務に携わる我々にとっては、その取扱いに対しての「信頼感」を持っていただく事が必須です。会社そしてこれからの情報化社会にとって最重要ともいえる「情報セキュリティ」に関わる事は、大きな責任を感じながらも誇りを持って取り組む事が出来る業務だと考えております。
大切にしていること
情報資産を取り扱い、そのセキュリティを守る事為には、常に最新の技術動向やシステムにアンテナを張って、知識を吸収していく事が勿論大切ですが、自身がそれ以上に心がけ、大切にしているのが「個々人の意識」です。自らが率先して見本を示し、全従業員に対して「情報セキュリティ」の意識を植え付けていく。繰り返しで根気のいる部分もありますが、これからも心がけていきたい事です。
オフの過ごし方
仕事柄、業務中はデスクワーク中心で体を動かすことが少ないため、ジョギングや友人とバドミントンなど、なるべく体を動かすように心がけています。 育児や家族サービスで、子供と遊んだり、家で過ごしたりする事も多いため、自己研鑽の時間を作る事が課題の一つでもありますが、家族と買い物がてら近所の本屋を巡り、ジャンルを選ばず情報を取り入れて頭をリフレッシュさせます。

Timetable

  • 08:45 出社

    朝は15分前出社を心がけ、メールや気になるニュースをチェック。気持ちよく1日のスタートを切れるように心がけています。始業時間になればまずする事は「自分のグループ内での朝礼」。お互いの予定を把握する事でフォローアップしながら業務が行えます。

  • 10:00 社内の「情報セキュリティ」を確認

    自社内のサーバーや取り入れているシステムの状況を確認します。こういった確認業務は「問題なし」「大丈夫」である事が正直ほとんどですが、もし「万一」や「突然」のトラブルや予兆を見逃してしまうと、たちまち重大な事象につながります。その為、ルーチンであっても絶対に手抜きはせずに、全ポイントを確実に確認します。遠隔地の事業所との連絡や調整もありますが、SkypeやTV会議システムも利用できる為、情報共有や上司への報告なども効率的に行えます。

  • 12:00 昼食

    昼は完全にリフレッシュタイム!話題のランチへ出かけたり、外の空気を吸って気分転換を行ったり。最新の技術動向に関するニュースや情報をこの時間で把握したり、自己研鑽の読書、課題としているe-ラーニング実施、仮眠などに時間を充てたりする人も居て、思い思いの過ごし方で午後への英気を養います。Pepperが昼のパフォーマンスを行うこともあり、お弁当持参の時でも仲間たちと楽しく過ごす事が出来ます!

  • 13:00 ミーティングや設定準備

    午後はグループ内や関係部署とのミーティングが多いです。ここで進捗状況や課題を再確認。認識を共有する事で無駄なく業務を進めていきます。従業員への新規デバイス配布やシステムアップグレード周知など、大勢に対して情報展開を行う時は、事前設定と分かりやすい説明が問題なく活用してもらえるかのポイント。ここで漏れがあると、どんなに優れたシステムでも間違った活用になってしまい意味を成しません。なので疲れが出てきた時にはタイミングを見てコーヒーブレイク。集中力を保つことがミス防止にもつながります!

  • 15:00 新規提案やシステム考察

    常に「より良い」を追求。
    社内であれお客様に対してであれ「今のやり方が永久にベスト」ではありません。もっと確実に・簡単に・低コストで・・と、「新しいやり方は無いか」や「既存のシステムに脆弱性は無いか」の考察を行います。「便利になった」「これで安心」という言葉がもらえると、達成感がありこの上ない喜びです!

  • 18:00 退社

    終業時間前にはグループで夕礼。「今日中」のやり残しはないか、明日の準備は出来ているかを再確認します。この夕礼を行う事で、抜けや漏れをお互いに防げる事は勿論、翌日の業務スタートがスムーズに行えます。毎週水曜日は「全社No残業Day!」。時には仲間との「飲みにケーション」も楽しみます!勿論、飲みの場では「仕事の話はNG」。ほんの一言からでも情報漏えいにつながる事を常に心にとどめ、節度は守りつつ思いっきり楽しい時間を過ごします。

     

Mobile RAN課 山東 正明

社員紹介2

「つながる」「途切れない」事を「当たり前」として提供できるように!

Self Introduction:

現在の仕事
無線基地局の監視業務と、その業務を行っているグループのマネージメント業務を担当しています。
電気・ガス・水道などが当たり前に使えているのと同じように、携帯電話も当たり前につながっている必要があります。
常に障害の早期発見・早期復旧に備え、大事故が発生しないよう日々のネットワーク品質を守り続け、携帯電話・通信のつながりやすさへ大きく貢献しています。
大切にしていること
大切にしていることは個人の尊重です。人は、モノではなく、機械でもありません。
個を尊重し心情を理解することで、メンバー1人ひとりのモチベーションを高め、自立して仕事に取組んでもらえるよう心掛けています。
オフの過ごし方
サーフィン(毎週1~2回ペース)。平日は忙しく仕事をしていても、休日は海のそばで思いっきり楽しむ!
都心に生活の拠点を置きながら、オフの日は海辺の別荘で過ごす(ような)“デュアルライフ” をモットーとした社会人サーフィンチームを結成してます。

Timetable

  • 08:30 出社

    9:00の就業開始前に出社して、朝食をとりながらメールチェックを先に終わらせるよう心がけています。
    運用に関わる重要な周知事項の把握と、シフト交代メンバー同士で申し送りすべき業務や情報がないか、自身の頭の中でも情報整理を行いながら、漏らさずチェックする事が大切です。

  • 9:00 朝礼

    シフトメンバーへ事前にチェックしておいた重要な業務を周知し、業務開始前に理解してもらいます。また、オペレーションミスによる障害を引き起こさないために、危険予知のミーティングを行い、その日の作業内容のどこに危険が潜んでいるか確認・共有して、作業者全員の意識を高めます。

  • 10:00 夜勤メンバーとのレビュー

    業務を終えた夜勤メンバーには、帰宅前に1日の監視業務を振り返ってもらい、障害状況やメンバーのパフォーマンスにおいて、良かった点や悪かった点を指摘し合い、情報共有を行います。日々コミュニケーションを取り合って、それに対し適切な指示を出す事で、業務効率化、安全衛生管理、モチベーション管理に努めてもらいます。

  • 10:30 資料作成

    お客様と定例で実施する報告会用に、打ち合わせ資料を作成します。
    実績や課題等を列記するだけでなく改善案や提案を盛り込み、お客様の期待に最大限応えられるよう、入念にチェックしながら資料を作成します。

  • 12:00 昼食

    周辺に飲食店が少ないため、仕出し弁当を買う事が多いです。
    職場のメンバーと昼食をとりながら、仕事と関係ない他愛もない話で盛り上がっています。

  • 13:00 打ち合わせ

    お客様と業務の打ち合わせを行ったり、作業中の各メンバーから業務進捗状況に関してヒアリングを行ったりします。ここで、障害や事故につながる予兆は無いか、先入観や慣れを完全に排除して双方で確認する事により、未然の防止につなげます。万一、何かしらの問題が発生した場合は優先度を上げて対応します。

  • 14:00 業務改善活動

    メンバーとの業務改善活動における話合いを行います。膨大な数の機器や設備を監視・運用していく為には「問題箇所の改善」だけでなく「上手くいっている箇所の更なる改善」が不可欠です。自動化や効率化を常に意識し、業務における改善ポイントを洗い出し、スマートな運用に近づけていきます。

  • 15:00 シフト表チェック

    担当者に作成してもらったシフト表をダブルチェックします。
    メンバー1人ひとりの希望を加味しながら、きちんと規定人数が入っていることを確認します。
    24時間・365日途切れない通信サービスの提供には業務計画や人員計画は重要な要素。
    ここで漏れると後々大きな影響が出る可能性もあるため、全員でシフトの認識共有も行います。

  • 16:00 定例報告会

    お客様へ定期的に業務の報告を行っております。
    現在の実績や改善案・課題の他に、今後の新規案件情報やお客様の計画なども可能な限り共有いただき、先手を打ってメンバー内でも計画や対応を考察します。こうした報告会の場が次のビジネスチャンスにもつながりますので、お客様とのコミュニケーション・意見交換は重視しています。

  • 17:30 日勤メンバーとのレビュー

    夜勤メンバーと実施した事と同様に、1日の監視業務を振り返ってもらい、障害状況やメンバーのパフォーマンスにおいて、良かった点や悪かった点を指摘し合い、情報共有を行います。

  • 19:00 退社

    業務で問題が発生したり、緊急障害対応が発生したりしなければ、翌日やるべき事に目を通してから帰宅します。

     

     

営業部 犬飼 洋平

社員紹介3

会社を大きくする過程を一緒に楽しみましょう!

Self Introduction:

現在の仕事
我々の仕事は「新たな仕事を生み出す事」。多方面にアンテナを張って、お客様に新たな感動を届ける事を胸に業務に取り組んでおります。
子供の頃夢見た世界が、今まさに現実になろうとしている。そんな世界を目の当たりに出来る瞬間は、鳥肌が立つほどの感動を我々にも与えてくれます。
大切にしていること
経営陣が掲げるビジョンや戦略をそのままメンバーに伝えるのでは無く、そのビジョンが私や一緒に働くメンバーにとってどんな意味があるのか? なぜその戦略をとるべきなのか? 私自身が納得いくまで考え抜いて、私自身の言葉でメンバー達に伝えるよう心がけています。

それが、経営理念にある「『働く幸せ』を追求する」集団であり続けるために、大変重要な事だと思っています。 時にはメンバーに厳しく言わなければならない場面もありますがメンバー全員が同じベクトルに進むために、まずは思いを一つにする事を大切にしています。

オフの過ごし方
プロ野球の観戦をしたり、散歩やサイクリングをしてオフを楽しんでいます。体を動かすのも好きですし、野球も好きなので、会社の野球部を作りたいなと考えています。

Timetable

  • 08:45 出社

    メールチェックと当日のスケジュール、当日のやることリストを確認します。

  • 09:30 情報交換

    メンバーの状況やプロジェクト状況に関して、ヒアリングやミーティングを行います。メンバーからのエスカレーション事項や計画で問題がある場合はその改善/対策を行います。我々の業務は「スピード感」が命。朝にまずはメンバーの予定や状況を把握する事が必須です!

  • 10:00 進捗報告ミーティング

    メンバーからお客様へのアプローチ状況や計画、見通しの報告を受けます。
    プレゼン予定の提案書などは「これでOKか」「もっと良く出来ないか」限界まで意見交換を行います。

  • 11:00 現場エンジニア部門とのMTG

    現在、お客様がどんな動きをしているか。「生の声」「リアルな状況」は我々の部署には必須な情報です。エンジニアのスキルの把握や、各種資格の取得状況は新しい提案のキーにもなる情報なので、社内の誰よりも感度の高いアンテナを張る事を心がけています。

  • 12:00 昼食

    他部署のメンバーともコミュニケーションを重ね、情報収集/現場の状況確認を行いながら昼食をとります。自然な会話の中からビジネスのアイデアや新しい案件情報などを収集していきます。

  • 13:00 見積検討や資料作成

    午前中にヒアリング・情報収集を実施した新規案件について、見積書や提案書の作成を行います。

  • 14:00 外出前最終確認

    お客様訪問前は、入念な最終確認です。メンバーとの同行機会が多く、最終・最後まで気は抜きません。

  • 16:00 お客様訪問

    部署としては「一番の見せ場」かもしれません。提案での訪問は勿論ですが、何気ない情報交換や世間話の中に「お客様の要望」が隠れている事も多く「足を運ぶ回数」が重要な側面を持つのも事実です。受注した業務の進捗状況ヒアリングでは、厳しいご指摘や難解な課題をいただく事もありますが、まさに「ピンチはチャンス」。その要望に応えた時、お客様は感動して下さいます。

  • 18:00 事務作業後、退社

    今日のやることリスト/明日のやることリストのチェックを行い、問題なければ帰宅します。
    外出先からでも、社内ポータルサイトの活用や情報共有のシステムがあるため、効率的な確認が可能です。

     

CMJでの「働き方」に興味を持たれた方は是非コチラ 「採用情報」 もご覧ください。