つながる仕組み

携帯電話は人々の日常を劇的に変え、生活を豊かにしました。
今では固定電話に変わり、重要な「ライフライン」となっております。
そんな重要なライフラインがどうやってつながっているのか「つながる仕組み」をご紹介致します。

音声通話やパケット通信(データ通信)は、実に多くの中継装置(アンテナのある基地局や交換局 = これを「ノード(中継点・分岐点)」と呼ぶ)を通って我々に届けられております。そして、万一この一ヵ所でも不具合が起きれば、その通話や連絡が届かなくなる可能性をはらんでおります。

私たちクリティックミッションジャパンは、その多くのノードに対し「設計」「施工」「検証」「監視」etc.. の知識と経験を有しており、「つながる」「途切れない」が当たり前として皆様に提供されるよう、日々業務に励んでおります。

弊社が取り組むモバイルエンジニアリング業務に関してはコチラ。