情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針

株式会社クリティックミッションジャパン(以下、当社)は、情報漏えいリスクに対し抜本的、かつ高度な対策を講じることにより、お取引先の企業および個人をはじめ社会からの信頼を得られるように、「情報セキュリティ基本方針」を策定しました。
今後はこの「情報セキュリティ基本方針」及び別掲の「個人情報保護方針」を役員および全従業員が順守し、さまざまな脅威から情報資産を保護し、かつ適正に取り扱うことにより、情報セキュリティの維持に努めます。
情報セキュリティ基本方針が対象とする情報資産は、当社の企業活動において入手および知り得た情報、ならびに当社が業務上保有するすべての情報を対象とします。

1.情報セキュリティ管理体制の構築

当社は、保有する全ての情報資産の保護及び適正な管理を行うため、情報セキュリティ委員会を設置するとともに各組織に情報セキュリティ管理者を配置する事で情報セキュリティ対策を速やかに実施できる体制を構築します。

2. 「情報セキュリティ管理責任者」の配置

当社は、情報資産の保護及び適切な管理を行うため、情報セキュリティ委員会の委員長を「情報セキュリティ責任者(CISO)」として配置します。

3. 内部規定の整備

当社は、情報セキュリティに関する社内規程を整備し、情報資産の保護及び適切な管理を行うための明確な方針・ルールを社内に周知徹底します。

4. 監査体制の整備・充実

当社は、業務の遂行において情報セキュリティに関する法令、社内規程・ルールなどが順守され、有効に機能しているかを検証するため、定期的かつ必要に応じて情報セキュリティの監査を実施します。

5. 適切な情報セキュリティ対策

当社は、情報資産に係わる不正アクセス・個人情報の紛失・破壊・改ざん及び漏えいなどの事故を未然に防止するため、組織的・物理的・技術的・人的安全管理措置の観点からセキュリティ対策を実施します。

6. 情報セキュリティリテラシーの向上

当社は、経営陣はじめ全従業者に対して、情報セキュリティリテラシーの向上を図るとともに、当社の情報資産の適切な管理を実行するための教育・訓練を継続的に実施します。

7. 情報セキュリティ基本方針の適応範囲

情報セキュリティ基本方針の適応範囲は、当社の情報資産に関連する人的・物理的・環境的リソースも含むものとします。

8. 情報セキュリティ基本方針の適用者

当社の社員・契約社員(一時雇用者を含む)を従業員と定義する。
情報セキュリティ基本方針の適用者は、経営陣および全従業員を含めた、当社の情報資産を利用するすべての者とします。

9. 情報セキュリティ基本方針の適用者の責務

当社の経営陣は、情報セキュリティ基本方針への支持・支援を表明し、率先して情報セキュリティマネジメントを推進しなければならないことを責務とします。
当社の全従業員は、当社の情報資産を扱う上で、企業利益の維持・向上及びお取引先の企業および個人をはじめ社会から安心と満足を戴くために、情報セキュリティ基本方針に同意し、遵守することを責務とします。
当社の経営陣および全従業員はこれに違反した者は、その結果について例外なく責任を負わなければならないこととします。

10. 継続的改善の実施

当社は、以上の取り組みを定期的に評価、見直すことにより、情報セキュリティマネジメントの継続的改善を実施します。

2015年8月1日
株式会社クリティックミッションジャパン
代表取締役社長  辻 高志