PROJECTプロジェクト紹介

一人一人が責任感・やりがいをもって取り組む事で、「達成感」も「成長」も「評価」も味わえる。

PJの概要と開始時に抱いた感想は?

プロジェクトも勿論ですが会社としても新しいチャレンジで、ネットワークインフラ・サーバクライアント等の構築・運用・保守をエンドユーザへ一貫して提供できる新たな部門として開始しました。 ネットワークといってもほぼ「モバイル」が中心であった当時の会社の状況から、やはり「新規事業」として立ち上げるからには、社内外様々なオペレーションの建て付けが、それこそ膨大な数で必要である事は予想できましたので、一抹の不安を感じた事も事実です。純粋に「凄く大変だぞ」と。 ただ一方で、「何か新しい事にチャレンジしたい」という気持ちも持っておりましたので、新しいビジネスの開拓を自分たちで提案し作り上げていくというやる気にも満ち溢れていましたね。

苦労した困難だった体験と嬉しかった体験

まさしく「道を創る」事から始まった事もあり、一つの案件に対しても調整事項やその関連先は必然と多くなり、 開始時には予想以上の工数がかかる事もありました。また、ネットワークの世界は恐ろしいスピードで進化していく、かつお客様によって求める構成も活用法も全く違ってくるので、この歳になっても新たな知識の吸収、最新の機器や製品の動向把握が必要です。勿論、そこが逆に面白さでもありやりがいでもありますが。 案件に「明確な開始と終わり」があり、達成感が強いのは性格的に向いているかも知れませんし、何より一つずつ実績を重ね、現在では規模も業種も異なる複数のお客様のネットワークに携わる「新しいビジネスの開拓」が少しずつでも実現できているという事はやっぱり嬉しいですね。

チームとして心がけた事、そしてCMJとして活かせた強みは?

現在のメンバーは過去の業務経験は様々ですが、これまでの技術は問わず、何よりも「やってみよう」・「やってみたい」と、やる気のある人を積極的に迎え入れています。技術的な長所・短所は相互で補完し合う事が出来ますので、それよりも業務に対してメンバー一人一人が責任感・やりがいをもって取り組む事が出来る意識・体制をチームとして醸成させる事に力を入れました。 そしてその背景として、会社が一丸となって協力しようという姿勢であってくれた事も大きな力になったと思います。チャレンジ精神を尊重し、それをバックアップする会社の風土。これが無ければ成功を信じて進むことが難しかったかも知れませんね。

最後に、皆様に伝えたいこの仕事の面白み、やりがいは?

「達成感」「成長」「評価」が揃っている事ですかね。一から学び、仲間と共に粘り強く取り組む事で、必ず成果が出る達成感、一技術者としても日々成長を重ねる事が出来る面白さ、その評価として給与など報酬面への反映、家族を支える大黒柱としては間違いなくやりがいですね。笑。

プロジェクト紹介一覧