INTERVIEWインタビュー

これまでの経験も決して無駄にはならない。謙虚に意欲的に学び、チームを任せて頂けるように。第2ネットワークソリューション部 東日本Mobile RAN課 池田 真弥
Q1
この業界、そしてCMJへの転職を決意したのは?
A
私は地方出身なので地元長崎で活躍できる会社を探していたところ、この業界としてはまだ珍しいと思われますが、長崎にもオフィスを構えるCMJと出会いました。長崎オフィス設立の背景なども伺ったところ、昨今の技術発達により「開発やインテグレーションなど『場所に縛られない』・『遠隔対応可能な』多岐に渡る業務領域がある事」を知り、業界の将来性と共に、ここでなら地元でしっかりと働くことが出来ると感じた事が最初に興味を持ったきっかけになります。 未経験でしたので不安も当然大きかったですが、入社後は社内でのセミナーやラボを活用してしっかりと研修を受けた上で配属されるので、安心して働けるというのがCMJへの転職を決意した理由になります。
Q2
前職までの経験で活きている事、またギャップは?
A
前職では、工場で働いていましたが、今はパソコンの前で作業することがメインです。業務の中で現地作業者の方と電話応対しながら遠隔操作も行いますが、私自身が「現場・現地」で働いていた分、どういう作業をしているのかイメージしやすい事が活きています。これは多様・異業種の業界を経験しているからこその強みだと思っています。 ギャップに感じることは、業務の「プロジェクト」というか進め方ですね。 工場ではどちらかと言えば「一つの製品の完成」へ向け、「個々が別の業務」に取り組む手法でしたが、今は「違うプロジェクトの完了」へ向け配属され、「チームとして」取り組むという、請け負う業務・責任範疇の違い、これが一番ギャップを感じたことになります。
Q3
今後目指したい姿、理想像は?
A
業界未経験でしたから、同年代と比べるとやはり知識で劣る場面もあります。ただ、だからこそ見える部分や活かせる経験がある事も実感しておりますので、そこは引き続き活かしつつ、一つずつ謙虚に意欲的に学び、負けない知識を身に着けたいです。 CMJでは本人のやる気や希望に応じて、プロジェクトの公募に応募できたり、年齢や経験に関係なくリーダーとして立候補を申し出る事が出来たりと、活躍・キャリアアップの機会が非常に多くあります。現在は私も協力会社様を含めた50人規模のチームでサブリーダーを任せて頂いておりますので、今後はさらに知識を高め、マネジメントのスキルを磨き、リーダーとして任せて頂けるように頑張っていきたいと思います。
Q4
転職を検討している方へのメッセージを
A
ここをご覧の方は、多少なりともCMJに興味を抱いていただきつつ、不安だらけの中、手探りで新しい自分を探しているのではないでしょうか?それは私も同じでした。思い切って飛び出してみて、後は思いっきりCMJで一緒に働ければと思います。

転職者インタビュー一覧